• 2017/11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018/01
2012年02月23日 (木) 14:27 |


先日の2月17日(金)にカフェ モーツァルト アトリエにて行われまし
た、ヘニング・シュミート in Tohoku 仙台公演が終了しました。ご来場
いただきました皆さま、本当に有難うございました。満員御礼となりまし
て、多くの方々と一緒にシュミートさんの演奏を観ることができ嬉しく思
います。とても佳き時間でしたね。


<後ろのポスターと同じポーズをとるシュミートさん。>

シュミートさんの指が鍵盤をたたき音色が重なっていく度に、その世界に
スーッと引き込まれていく感覚がありました。演奏は二部構成で途中休憩
があり、その時にシュミートさんと話しをしたのですが、会話の中で「僕
の頭の中は、あなたの映画です。」日本語でと仰っていたのがとても印象
的でした。先に書いた「その世界」とは、シュミートさんの想い描いた世
界のことなのかもしれません。僕が引き込まれた世界はとても空気が澄ん
でいて、全てが眩く輝き、暖かく、その中で両手をのばし大きく、深い呼
吸をしていました。

皆さんが、演奏中に訪れた世界はどうでしたか?


振り返れば、2月は小さな街として活動をスタートした月ということで、
今年で4歳となりました。そういった意味でも節目に相応しい素敵なピア
ノコンサートとなり、とても感慨深い一日となりました。重ねてお礼申し
上げます。

少し話しが遠回りしますが、今日の仙台の午前中は久々のまとまった雨で
した。みみをすますとザーッと雨音がしていたのですが、そこで改めて感
じる事がありました。小さな音ほど、自身が聴こうとしないと聴こえませ
ん。「みみをすます」はそんな姿勢なのだと、僕は思います。大きな音の
背景にある小さな音。ふと思えば、小さな街も同じかもしれなません。
大きな街の背景に「確かに」在る、小さな街。目を凝らして見ていただけ
るようになりたいなと思いました。今度とも、宜しくお願い致します。
2012年02月16日 (木) 22:05 |


今年の始めからお知らせを続けておりました、ヘニング・シュミート in
Tohoku 仙台公演でしたが、おかげさまで満席となりました。今のとこ
ろ当日券の発売は行う予定がございません。予めご了承ください。ご来場
の皆さま、明日の仙台もグッと冷え込むようですので温かくしてお越し下
さいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ヘニング・シュミート (Henning Schmiedt) in Tohoku 仙台公演

日時:2月17日(金)19:00開場 19:30開演
会場:Cafe Mozart Atelier (カフェ モーツァルト アトリエ)
   青葉区米ヶ袋1-1-13高田ビルB1 
チケット:3,000円 (1ドリンク代別)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
2012年02月04日 (土) 11:40 |

< 米ヶ袋から望む、雪が積もる広瀬川 >

2月に入りまして、ヘニング・シュミート in Tohoku 仙台公演が近づい
てまいりました。雪が多く、気温がとても寒いのですが彼の演奏が聴ける
のかと思うと気分が高まります。

ピアノのみを使用した、「ピアノソロ」の作品を初めて聴いたのは、坂本
龍一の「05」でした。その美しい音色に、おもわずため息を漏らした事を
今でも覚えています。今はパソコンでも曲が作れる時代なのですが、改め
て「楽器」と「奏者」の関わり合いにより生まれる音楽に素晴らしさを感
じます。

最近は特に「ソロ」の部分に関心を持って音楽を聴いています。そのきっ
かけとなったのはKeith Jarrettの「The Melody At Night, With You
でした。病気の為しばらく活動を休止していた彼の復活の1枚というレビュ
ーを見たからかもしれませんが、CDから流れる音を聴いて、ピアノと向
き合い、それ以上に自分自身と向き合って演奏しているのではないか?そ
れ以来、勝手な解釈かもしれませんが「ソロ」の作品にはその人の温もり
と想いが宿る、そう感じるようになりました。

そういった中で出会ったのが、今回仙台で演奏をして下さるへニング・
シュミートの「Klavierraum」でした。妊娠中の妻が暑い夏を心地よく
過ごせるように、との想いから作られた作品で、鍵盤のタッチひとつひ
とつの音を通して彼の家族や暮らし、表情が見えるようで、何だか穏や
かな気持ちになりました。

へニング・シュミートの新譜「Spazieren」には春を待ち焦がれる彼の想
いが詰まっている様でした。- 雨が上がり、お気に入りの靴を履いて、い
つもの森へと歩き始める。Henning Schmiedtがピアノで描く春の日は、
子どもの頃の情景であったり、見たこともない夢の中だったりすることに、
私たちは鐘が鳴る頃にふと気づくのかもしれません。- とflauの福園さん
は綴っています。音が描写する風景をからだ全体で感じ、身を委ね、各々
がピアノの音色に想いを馳せる。とても素敵だなと思います。

仙台公演の席も少しずつ埋まってきました。まだ席はございますので、
是非、遊びにきてくださいね。

先日の2/2にJapan Tour 2012 最初の京都公演が行われました。その様子
はコチラから → http://bit.ly/uzwzHe


ーーーーーーーーーーーーーーーー



ヘニング・シュミート (Henning Schmiedt) in Tohoku 仙台公演

日時:2月17日(金)19:00開場 19:30開演
会場:Cafe Mozart Atelier (カフェ モーツァルト アトリエ)
   青葉区米ヶ袋1-1-13高田ビルB1 
チケット:3,000円 (1ドリンク代別)

【チケット取扱店】
(ヘニング・シュミート最新アルバム「Spazieren」も販売しています)

雑貨・手紙用品店 yutorico.
cafe haven't we met
cafe mon st , lou

◎チケットのご予約、お問い合わせ:小さな街
chii-sana-machi☆mail.goo.ne.jp  (☆を@に変更してください)

※ご予約の際は、件名を【ヘニング・シュミート 仙台公演 予約につい
て】とお書きの上、お名前とご予約枚数、ご連絡先を明記してください。



2012年01月09日 (月) 10:10 |


小さな街が2012年初めてお手伝いさせて頂く、コンサートのお知らせで
す。ドイツはベルリンからはるばる日本へ来てくださるのですが、あの
音色を仙台でも聴く事が出来るのかと思うと、とても楽しみ。ちょっぴ
り今でも信じられません(でも本当の事ですよ!)


ーーーーーーーーーーーーーーーー

ヘニング・シュミート (Henning Schmiedt) in Tohoku 仙台公演

日時:2月17日(金)19:00開場 19:30開演
会場:Cafe Mozart Atelier (カフェ モーツァルト アトリエ)
   青葉区米ヶ袋1-1-13高田ビルB1 
チケット:3,000円 (1ドリンク代別)

<チケットの購入方法>
メールでのご予約、またはチケット取扱店で直接ご購入する事が出来ま
す。(取扱店は、随時追加していきます)

【チケット取扱店】
(ヘニング・シュミート最新アルバム「Spazieren」も販売しています)

雑貨・手紙用品店 yutorico.
cafe haven't we met
cafe mon st , lou

◎チケットのご予約、お問い合わせ:小さな街
chii-sana-machi☆mail.goo.ne.jp  (☆を@に変更してください)

※ご予約の際は、件名を【ヘニング・シュミート 仙台公演 予約につい
て】とお書きの上、お名前とご予約枚数、ご連絡先を明記してください。


席数に余裕はございますが、数に限りがございます。ご予約して頂く
事をおすすめします。





[ ヘニング・シュミート(Henning Schmiedt)]
1965年生まれ、旧東ドイツ出身のピアニスト、作曲家、編曲家。早く
からジャズ、クラシック、ワールドミュージックなどジャンルの壁を
超えた活動を先駆的に展開。ソロとしてもKurt Weilなど幾多の映画音
楽やベルリン・シアターで上演されたカフカ『変身』の舞台音楽、昨
年ベルリン放送局でドイツ終戦60周年を記念して放送された現代音
楽『レクイエム』などを発表し、高い評価を得ている。

Japan Tour 2012コンサート・ツアーの日程・試聴はこちら
詳しいプロフィールはこちら


ヘニングさんは仙台公演の後、2/18(土)は盛岡公演、そして2/19
(日)は弘前公演と北上してきます。お近くの方は是非お出掛けくだ
さい。

○2/18(土) 盛岡 岩手県公会堂21号室
開場 19:00 開演 19:30 ご予約・お問い合わせ:carta
○2/19(日) 弘前 space DENEGA gallery
開場18:00 開演18:30 ご予約・お問い合わせ:THE STABLES

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ヘニング・シュミートさんはflauというレーベルから今までに3タイ
トルリリースしています。(昨年の9月に仙台公演を行ったラジオゾ
ンデ
の新譜もこのレーベルからのリリースしています)時に緩やかに、
時にドラマティックに、様々な表情の音色を届けてくれます。特に新
譜の「Spazieren」というアルバムの音色は、日だまりの午後、自分
の安心出来る場所を歩いているようなそんな気持ちになりました。
その後 Spazieren は「散歩」という意味だと聞いて、ストンと腑に
落ちました。

仙台公演では、どんな音色を届けてくれるのでしょうか。本当に楽し
みです。皆さんと一緒に聴く事が出来れば嬉しいなぁと思います。




<ヘニング・シュミートさんご自身が撮影された映像だそうです>