2009年10月22日 (木) 22:34 |
あつめてみたらの「その3」のご紹介です!

前回は、PrettyとOotomo miyukiという二つのアクセサリーブランドを
手掛けているみゆきさんからのご紹介でした。そのバトンは、
stock gallery & atelierの店主であり、「ふきながし」という小冊子を
制作しているsifflez(スィフレ)というユニットのお一人でもある
吉岡ユリコさんへ。ユリコさんが紹介してくれる、オススメのお店は
「雑貨・子供服LOLO」というお店です。小さな靴や小さな服を見て
いると、何だか幸せな気持ちになってきますよねー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

LOLOさんのこと。




通勤というほどでもないのですが、週の半分は通る路。
一番町のアーケードからいろは横丁の路地に入ると、すてきなお店が
たくさん軒を連ねています。今回私がご紹介したいのは、その並びに
ある「LOLO」という子供服を扱うお店です。

一番町アーケード界隈は、子供服を扱う個性的なお店が多いです。中でも
こちらのお店には、仙台ではLOLOだけの扱いという「ao daikanyama」
のガーゼの商品があります。根本きこさんやキタイユミコさんらとのコラ
ボレーションアイテムなど人気が高いそうです。
また、「FABRIQ REPORT」というブランドは倉敷から誕生し、言う
までもないがデニム素材のアイテムはもちろんかっこよく、こちらの
お店のいちおしです。

センスの行き届いた店内に、子供服の他にも身の回りの雑貨が散りばめ
られ、一瞬京都にある路地裏のお店に来ているような錯覚を起こして
しまいます。

雑貨・子供服LOLO
仙台市青葉区一番町2−3−28(いろは横丁内)
022-265-2476
11:00-19:00(日曜 〜18:30)
毎週水曜日/定休
http://lolo-web.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




わたしのこと

stock gallery & atelier の店番をしております。
何のお店と言われると一言では言い表せない空間です。
ふらっとコーヒーを飲みに来ていただけたら嬉しいです。
普段は小冊子「ふきながし」をつくるメンバー sifflez として
制作にあったています。今は名ばかりになってしまいましたが
布小物作家としても極微弱に活動もしております。

stock gallery & atelier 14:00−20:00(木・金 定休)
仙台市青葉区一番町一丁目12-7 中川ビル201号
tel.fax:022-342-1082
web: http://www.stock-web.com
blog: http://blog.livedoor.jp/nijicafe/
mail: info@stock-web.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の方の紹介

wasanbon店主 ふみさん。
素材にこだわったおいしいおむずびと、長い間ふみさんの
フィルターで集めてこられたという店内の家具たち。
そして販売されている雑貨。懐かしくそして暖かみのある
空間へぜひ!またときどき行われる雑貨市やワークショップも
見逃せませんよ。
http://wasanbontyou.blog98.fc2.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、第3回目の「あつめてみたら」はいかがでしたか?
素敵な雰囲気を残すいろは横丁。サラーッと見過ごしていませんか??
一歩入れば、魅力がぎゅぎゅっと詰まったお店が☆是非、素敵な発見と共に
LOLOさんにも遊びに行ってみてくださいね!

そして、バトンは「wasanbon」のふみさんへ回りましたー。
次回はどんなお店が紹介されるでしょうか!楽しみですね!
2009年10月13日 (火) 22:18 |


にいがた空艸舍 さんの催しを楽しみに、今年も新潟へ行ってきました。
今回のテーマは、「ハロー・ライフ・ワーク」。「しごと」についての
展示。「建築家」「農家」「助産師」「カフェ」「大工」「カメラ店主」
それぞれの「しごと」に対しての想いを、空艸舍のスタッフさんが取材
をし丁寧に表現する。その空間は何だか凛としていました。




仕事とは?単純な質問の答えは、とても難しい。

出てきたその答えが正しいとは限らない。

ただ、真摯に向かう姿勢がとても潔く、とても眩しいんです。

技術や経験、知識や気づき。その一端に触れる事が出来てとても光栄に
感じました。言葉で片付ける事が出来ない感覚。

いわゆる「イベント」的なイベントではなく、とても親しみのある、でも
芯がブレてない。自分自身に重ねて体感できるとても興味深い催しでした。






二階ではf/styleさんの製品と空艸書店by北光社の本たち。ブックカバー
もかわいい。




帰って来たばかりですが、ブログを書いていたら、また新潟に遊びに行き
たくなりました。