2010年04月27日 (火) 12:34 |


小さな街のプロダクト、第三弾としてStained Glass Gingaさんと制作した、
ステンドグラスの「ボタン」と「ペンダントヘッド」ですが、製品に使用
している素材の変更に伴い価格の見直しをさせていただきました。
素材に関して、Stained Glass Gingaの高橋さんから詳細な説明をして
いただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

建築に収まる装飾品のひとつとして、ステンドグラスは教会や住宅に
存在するものでした。ガラスが好きで、身につけたい、持ち歩きたい、
そんな想いからステンドグラスの技法でアクセサリーや小物を作って
きましたが、ハンダの成分をみると、ステンドグラスに使われる
ハンダは、スズと鉛でできています。

鉛(低融点で柔らかく加工しやすい金属)が入っている事で、ハンダを
扱いやすいものになっていたのですが、小さな子供が誤って舐めたり、
口にしたりすると、人体にとっては優しいものではないようです。

以上の事から、昨年から「鉛フリー」という素材に切り替えてアクセ
サリーやコースター等の小物の制作を始めています。成分が違うこと
で、今までの物との仕上がり具合、作業時間、材料費、染色(腐色)
による発色の違い等の様々な問題があるとは思いますが、ご理解を
頂けましたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。

Stained Glass Ginga 高橋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
より安全に製品をお使い頂くためにも、何卒ご理解を頂くよう宜しく
お願いします。

鉛フリー使用の製品は、5月5日のyutorico.さんのイベント
「はじまりの日」から取り扱いをスタートします。配色が、今までの
製品より淡く落ち着いた物に仕上がっております!リニューアルした
製品を是非手に取ってみて下さい!

下記、イベント詳細↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5月5日「はじまりの日」
*yutorico. 1周年+thuthu shop OPEN




新緑がまぶしい、さわやかな季節のころ。
5月5日、yutorico.は1周年を迎えます。
この日より、yutorico.は木曜・祝日定休での営業を開始します。
また、この日店内に thuthu shopがオープンします。

ふたつはじまりのこの日、ささやかですがイベントを開催します。
お買い上げのお客様へのプレゼントをご用意する予定です。また、
焼き菓子gouterさんの焼き菓子も販売する予定となっております。

yutorico. http://yutorico.sakura.ne.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年04月14日 (水) 23:23 |


小さな街が初めて「展示」をします。「まちあわせ」と題して年に
1回のペースで展示をしたいと思っています。では、いったい何の
展示をするのか?「まちあわせ」とは?展示は7月を予定して
いて、それまでのプロセスをブログにて丁寧にお伝えしていきたい
と思います。

展示のテーマは「仕事」と「働き方」です。

皆さんは、「仕事」と聞いてどういうイメージを持ちますか?辛い?
面倒?やりがいがある?楽しい?感じ方は人それぞれだと思います。
今では、日々のルーティンに埋もれてしまっている「仕事」や
「働き方」に対して改めて考え、見つめ直し、展示の中からこういう
「選択肢」もあるんだな。という気付きに繋がれば、そういう想い
から「まちあわせ」がスタートしました。

「まちあわせ」とは?イメージはこんな感じ。

小さな街のとある喫茶店に、とある作り手と「まちあわせ」。

その人の持つ、ものづくりに対する姿勢や想い、働き方や生き方
など、本人の言葉を通して伺おうというもの。これは、普段の会話
から「等身大の自分」を綴る言葉を大切に掬い取るルポタージュ
なのです。その言葉達を自身のフィルタへ通し、まとめ、展示と
いうスタイルで記録していきたいと思います。

商品からだけでは触れる事の出来ない、作り手の気持ちに真摯に
耳を傾けたい。体感したい。だからこそ出来上がる商品なのだと
納得したい。

展示を見る事で、商品に対して、作り手に対して、働き方に対して、
生き方に対して、どんな些細な事でも良いので「何か」が皆さんの
中に残ってくれれば、本当に幸せなことです。

前置きがだいぶ長くなってしまいましたが、この「まちあわせ」
で最初のとりあげる作り手さんは「JAM+ZAKKA 柚子香」を営む
古賀たつ子さん。ジャムを作ることに本当に真面目で、その熱意
と美味しさにいつも元気をもらっています。

展示のタイトルは、「とあるジャム屋からの便り」に決まりました。
どうしてこのタイトルになったかは、また次回にて。
2010年04月02日 (金) 00:17 |


4月に入り、本日も曇天ですが暖かく、春を感じる事が出来ました。

さて、小さな街に音の宿「Inn」が出来ました。心奪われる様な美しさ
「rapt」 と、長閑でうとうと眠くなるような「drowsy」を中心に、
平穏で日常的なBackground musicを取り扱う、CD-R専門のレーベル
です。Innのブログも出来上がりましたので、是非一度お立ち寄りくだ
さい。まだ試聴などの機能もありませんが、随時できるようにして
行きます。

第一弾のリリースも決まり、今後もInnのコンセプトや想いに共感して
くださった音楽家の楽曲がリリースされる予定です。生活に溶け込む
音。美しくて、平穏で、きらめいて。そんなBGMを皆さまにお届け
していきます。4月下旬には店頭やブログにて販売を開始したいなと
思います。

パッケージはほとんどが手作りです。100枚限定です。ものづくりと
同じような視点で制作していきます。取扱店は、随時ブログに載せて
いきますね。

CD-Rの制作以外にも、展示のBGMやお店でのBGMなどをプロデュー
スする予定です。気になる方がおりましたら、是非メールにてご連絡
ください。

では、Innを宜しくお願いします。

Inn - http://raptdrowsyinn.dtiblog.com/