2010年11月21日 (日) 17:10 |


とあるカメラ教室で出会った、関西に住む女性3人「ⓒ349」さんの
写真展が12月3日から雑貨・手紙用品店 yutorico.さんにて開催されます。

タイトルは、「ちいさな かんさい」

彼女たちが日頃みている「かんさい」が写真に切り取られて展示されま
す。それぞれのテーマごとに配置される写真は、まるで小さな窓の様。
その窓の向こうには、切り取られた空間が今も変わらずに「そこ」に在
ります。

窓の向こうを想像してみても良いと思います。身近な地域の風景と重ね
てみても良いと思います。そうすると、段々と目の前の静止画が動き始
める。そんな不思議な感覚も楽しむことができるのかもしれません。
写真にはそんな楽しみ方があるという事を教えてもらいました。

この写真展のサポートを小さな街でさせて頂く事になりました。写真
が好きな方、関西が好きな方、旅が好きな方、色々な方に観て頂きた
いなと思います。空間の音楽はInnに選曲して頂きます。どんな空間に
なるのか、僕自身もとても楽しみです。

期間中は、写真の販売もございます。関西に住むⓒ349さんならでは
の「ひと手間」に乞うご期待!是非、お立ち寄りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



春と夏は少し早く、秋と冬は少し遅くやってくる。それだけのこと。
関西の空と海は、あなたが暮らす街へとつながっています。
名も無き風景は、あなたが暮らす街に似ているかもしれません。

この小さな窓の向こうに、3人が見ている「かんさい」があります。



<ⓒ349 プロフィール>

ⓒ349という名前は、それぞれの苗字の頭文字を数字に
置き換えたもので、

「3」は、ミシマの「ミ」
「4」は、シノの「シ」
「9」は、クロカワの「ク」

2010年1月、とあるカメラ教室で一緒になったのが事の始まり。
10回コースのレッスンでほぼ毎回顔を合わせ、休日には撮影会と
題しておでかけ。

2010年9月、カフェ&ギャラリー「家ie」(大阪府池田市)のオー
プニング展に3人合作の写真モビールを出展。即席でⓒ349と名乗る。

今回が初めての純粋な写真展。遠く関西の空の下、そわそわしています。

仙台の皆さんが抱く「関西」のイメージと少し違ってたならうれしい
です。ぜひ見にいらしてください!