2011年03月27日 (日) 16:40 |
  

地震から二週間が経ち、市内では段々と活気が戻ってきました。しかし、
戻ってきているが、やはり以前とは決定的に違う。その位、深く記憶に
刻まれた出来事でした。様々な人が、様々な方法で「何か」を始めていま
す。その中で、小さな街は何が出来るのかな?と考えました。ひとつ感じ
た事は、人には「それぞれの役割」があるのではないかという事。その中
で、「最大限に出来る事をする」事がチカラになるのだと思います。「誰
かの為に」は、それを役割とする方々にお任せし、小さな街では「小さな
街に関わる、僕らの為に」何かをする事で、生活の中にあった以前の様な
「普通」や「普段」を取り戻せればなと感じています。

そこで、詩人の武田こうじさんと一緒に考えた催しを行ってみようと思
います。言葉に耳を傾け、anbienのスープとフレーバーティーを味わう。
このひと時は「何か」を埋めてくれるような、そんな気がします。日に
ちも近いですが、ご都合の合う方は是非ご参加ください。会場の演出と
BGMはInnに担当して頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「武田こうじ ポエトリーリーディング」

日時 3/31(木)18時半スタート
会場 anbien
料金 ¥1,000(温かいスープとフレーバーティー付き)
定員 10名

:武田こうじ詩人:1971年生まれ。仙台市在住。詩集の刊行。ポエ
トリーリーディングライブを各地で展開している。(主な開催場所:
仙台文学館・八木山動物公園・仙台市天文台など)
詩のワークショップや読みきかせも病院や学校などで開催している。
現在の2校目の校歌を作詞中。
最新詩集『バンスイ、トウソンヲ、イマ ヨム。』『しっぽ』が発売中。
Web - http://kojitakeda.com/

:Inn:ここは、音の宿 [Inn] 。心奪われる様な美しさ [rapt] と、長閑
でうとうと眠くなるような [drowsy] を中心に、平穏で日常的なBack
ground musicを取り扱う、CD-R専門のレーベルです。仙台を中心
に活動しています。
Blog - http://raptdrowsyinn.dtiblog.com/

参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。


【 anbien 地図 】



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

anbienで過ごす1年」では、現在ふたつの催しを延期しております
が、順次日程調整を必ず行います。ご理解とご協力を宜しくお願い
します。
2011年03月16日 (水) 19:09 |

< 地震後の夕焼け(3/14) >

3/11にとても大きな地震がありました。災害は甚大です。一番は「津波」
見慣れた土地が流されていました。海側の被災地は、未だライフラインの
全てが寸断の状況。連絡が繋がらず安否が確認出来ない方も多数おられま
す。現状での一番の問題は燃料と食料。一言では全てを伝える事が出来ま
せん。一人でも多くの命が無事である事、そして一日も早く普段の生活に
戻れる事を心から祈っております。

さて、小さな街では今「anbienで過ごす1年」という企画をしております
が当面お休みさせて致します。3/22(火)の「本の話をしよう、本と旅に
出よう。
」、3/26(土)「春色を織る」は延期とさせて頂きます。ご予約
頂きました皆さま大変申し訳ございません。後日改めて日程調整をさせて
頂きたいと思います。ご理解を宜しくお願いします。

小さな街 小野
2011年03月08日 (火) 01:40 |


今年もあっという間に3月。あっという間である事に既に気付いている
感覚はあるので、実際にはあっという間ではないのかもしれませんね。

さて、「anbienで過ごす1年」も半年が過ぎました。様々な催しと共に
過ぎる半年もあっという間。但し、過ごしてきた時間はどれも密で温か
で。この催しが出来て幸せだなぁと感じます。いや、決して大袈裟では
ないですよ。

いつか、この「anbienで過ごす1年」の事を共有できる時間が設けられ
れば嬉しいなぁなどと、考えています。是非聞いてみたい!と興味を抱
かれた方はご連絡ください。(笑)できれば、この1年の事はちゃんと
まとめて冊子にできればなと思っています。時間はかかってしまうと思
いますが。。。

そんな「anbienで過ごす1年」にて3/22に「本の話をしよう、本と旅に
出よう。」
というブックトークが行われます。主催は書店員の佐藤ジュ
ンコ
さん。内容はとてもシンプルで、テーマを「旅」に絞って、旅に出
る時にどんな本を持って行くか、旅先でどんな本を読みたいか?旅に出
るという親しい人へどんな本を贈りたいか?などを参加者全員で話す、
お話し会です。持ち物は「旅に持っていきたい本」と「旅に出る友だち
に贈りたい本」の2冊で、この本を何故選んだのか?を軸にお話しをし
て頂きます。

このブックトークで面白いなと思う所は、2冊用意する内の1冊(旅に
出る友だちに贈りたい本)は交換用という所。こうして参加者は互いの
本を交換します。それは新しい出会いかもしれないし、元々興味のある
本かもしれないし、いずれにしても、「どうして選んだのか?」という
話しには相手がいて、その相手が自分になるわけですからとても嬉しい
気持ちになります。前回のブックトークでも交換がありましたがとても
盛り上がりました。
(ちなみに前回の様子はコチラ → http://bit.ly/gkHC6A

僕もサポートとして参加するのですが、どの本にしようかなーと悩んで
います。前日まで悩んじゃうかも。でも、この時間も楽しいんですよね。
まだ席に若干の空きがあるようですので、興味のある方は是非ご参加を!
とことん、本の話をしちゃいましょう〜!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




「本の話をしよう、本と旅に出よう。」


日時 3/5(土)14時〜16時
会場 anbien
料金 ¥1,000(フレーバーティー付き)
定員 10名
持ち物 「旅に持っていきたい本」と
    「旅に出る友だちに贈りたい本」
    (実際に交換をしても良い本)の2冊


参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。

企画 佐藤ジュンコさん

サポート 小さな街 小野

詳細は「anbienで過ごす1年」をご覧ください。
「anbienで過ごす1年」:http://bit.ly/g2WUx1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー