• 2017/08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017/10
2010年12月13日 (月) 22:00 |






12/3から12/12日までの9日間の写真展「ちいさな かんさい」が終了致しま
した。写真展のサポートは初めてで、見せ方など本当に手探りの状態でし
たが、ⓒ349さんの提案によりとても魅力的に展示する事が出来ました。
その提案に僕もユトリコさんも共有出来た事も嬉しかったし、何より全員
が楽しみながら作業をすることができた展示になのではないでしょうか。
本当に、ユトリコさんで展示をする事ができて良かったなーと感じました。



「ちいさな かんさい」のタイトル通り、写真の展示以外にも様々な「関西」
を展示しました。関西で行われている催しのDMや、関西で配布・販売され
ているリトルプレス、その他小物なども併せて展示しました。そして展示さ
れていると写真と同じくらい重要だった「ロケーションマップ」。展示され
ている写真がだいたい関西のどの県で撮影されているかがわかるようになっ
ています。いわゆる写真展と一線を画している所がここなのです。見手が写
真に対して、よりイメージを深める事が出来るツールとなっています。制作
は僕が担当したのですが(その他、写真などの展示物を飾ってくれたのは全
てユトリコさん笑)これはこの県で撮影されているのかー、あの県の海辺は
仙台と同じ感じだなー等々、とても楽しい作業でした。見に来てくださった
皆さま、楽しんでいただけましたでしょうか?

展示会場を貸していただいた雑貨・手紙用品店 yutorico.さんのはからいも
ありまして、写真展にお越しいただいた一部の皆さまにⓒ349さんへお手紙
を書いていただきました。こんなに沢山のお手紙をいただけるとは!僕ま
で嬉しくなりました。お手紙を書いてくださった皆さま、お手紙は必ずお
届けいたしますね。ありがとうございました。ⓒ349さんはお楽しみにお
待ちくださいね。

この写真展の機会をくださったⓒ349さま、写真展に足を運んでくださっ
た皆さま、会場を貸していただいた雑貨・手紙用品店 yutorico.さん本当に
ありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「anbienで過ごす1年」では、「仕事」を通してその人の「働き方」や
「考え方」「生き方」などを深めていく、お話し会のようなレクチャー
第三弾「伏谷さんの仕事」の参加者を募集しております。 ゲストは
のんびり酒場ニコル」を営んでおられます伏谷 淳一さん。興味のあ
る方は是非ご参加ください。詳細はコチラでご確認ください。
http://bit.ly/gEC72d

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そしてそして僕も所属しております、温かな音を届けてくれるネットレー
ベル「totokoko label」からクリスマスプレゼントがあるそうです!その名
も「totokoko christmas compilation 」。クリスマスにちなんだ音楽や絵、
映像の詰め合わせ。このワクワクするコンピレーションに小さな街も参加
します。リリース日はクリスマスの前あたりと、まだ詳細に決まっており
ませんので是非細かにチェックして頂ければなと思います!レーベルのチ
ラシも頂いておりますので、近々市内のお店に配らせていただきたいと思
います。見つけた際には、是非手に取ってみてくださいね。
2010年12月04日 (土) 08:54 |


昨日の朝は強い雨でしたが、午後は晴れ間も出てきて気持ちが良かった
ですね。仙台では光のページェントも始まりました。皆さんは見に行か
れましたか?

さて、12/3から写真展「ちいさな かんさい」が始まりました。関西在
住の3人の女性が撮る関西の日常。遠い場所ではありますが身近にも在
るような風景に、改めて「陸続きの同じ日本」だという事を感じさせて
くれます。

この写真展の写真を現像してくださったのは、mogu camera小倉優司
さん。小倉さんと言えば、写真集「Camera People」や雑誌「カメラ日
」のほか、富士フイルム「NATURAブログ」連載など、さまざまなメ
ディアで活躍中のフォトグラファー・ラボマン。ご存知の方も多いので
はないのでしょうか。

ちょっとはなしはずれますが、「写真」は現像しないといわゆる写真に
はなりません。DPEショップなどの写真屋さんに現像をお願いして初め
て「写真」が形となるのです。フリーペーパーの「写真のことば」の創
刊号ではそんな「写真屋さん」の特集が組まれていました。その中で、
「いいプリントでお客さんと一緒に感動したい。」という言葉があって。
カメラ屋さんのイメージは何となく無機質だった。でも、この言葉は違
います。温かいですよね。この言葉を聞いて、素直に「写真が撮りたい」
なと感じました。

この写真を現像してくださったmogu cameraの小倉さんは現像を「撮る
方とセッションする感じかな」と言っています。つまり、mogu camera
さんの表現も含まれています。何だか、ワクワクしませんか?

そんなⓒ349さんの写真を皆さんにも見ていただきたいなぁ。

会場である雑貨・手紙用品店 yutorico.さんでは、4日は21時まで営業
時間を延ばし「ちいさな カフェ」も開催するそうです。いつもお世話
になっている上杉農園 樹の下さんのお菓子の販売会もあります。是非
遊びに来てくださいね。
2010年11月21日 (日) 17:10 |


とあるカメラ教室で出会った、関西に住む女性3人「ⓒ349」さんの
写真展が12月3日から雑貨・手紙用品店 yutorico.さんにて開催されます。

タイトルは、「ちいさな かんさい」

彼女たちが日頃みている「かんさい」が写真に切り取られて展示されま
す。それぞれのテーマごとに配置される写真は、まるで小さな窓の様。
その窓の向こうには、切り取られた空間が今も変わらずに「そこ」に在
ります。

窓の向こうを想像してみても良いと思います。身近な地域の風景と重ね
てみても良いと思います。そうすると、段々と目の前の静止画が動き始
める。そんな不思議な感覚も楽しむことができるのかもしれません。
写真にはそんな楽しみ方があるという事を教えてもらいました。

この写真展のサポートを小さな街でさせて頂く事になりました。写真
が好きな方、関西が好きな方、旅が好きな方、色々な方に観て頂きた
いなと思います。空間の音楽はInnに選曲して頂きます。どんな空間に
なるのか、僕自身もとても楽しみです。

期間中は、写真の販売もございます。関西に住むⓒ349さんならでは
の「ひと手間」に乞うご期待!是非、お立ち寄りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



春と夏は少し早く、秋と冬は少し遅くやってくる。それだけのこと。
関西の空と海は、あなたが暮らす街へとつながっています。
名も無き風景は、あなたが暮らす街に似ているかもしれません。

この小さな窓の向こうに、3人が見ている「かんさい」があります。



<ⓒ349 プロフィール>

ⓒ349という名前は、それぞれの苗字の頭文字を数字に
置き換えたもので、

「3」は、ミシマの「ミ」
「4」は、シノの「シ」
「9」は、クロカワの「ク」

2010年1月、とあるカメラ教室で一緒になったのが事の始まり。
10回コースのレッスンでほぼ毎回顔を合わせ、休日には撮影会と
題しておでかけ。

2010年9月、カフェ&ギャラリー「家ie」(大阪府池田市)のオー
プニング展に3人合作の写真モビールを出展。即席でⓒ349と名乗る。

今回が初めての純粋な写真展。遠く関西の空の下、そわそわしています。

仙台の皆さんが抱く「関西」のイメージと少し違ってたならうれしい
です。ぜひ見にいらしてください! 
2009年12月29日 (火) 23:39 |


2009年も残りわずかとなりましたね。小さな街は、「小さな街の
誕生日。」を始め、夜天市に出張やライブ企画、自宅の床板はり、
そして上杉農園さんの展示のサポートと盛り沢山でしたー。皆さま
本当に今年一年お世話になりました!

皆さまの一年はいかがでしたでしょうか?

さて、12月5・6日に行われました、上杉農園さんの展示「旅の
途中」が無事に終わりまして、上杉農園さんからご感想を頂き
ましたのでご紹介させて頂きますね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夢のような二日間でした。単なる展示会ではなく中身の濃いもの
でした。ふと、気付いた時に本当にお店を開いた感覚になって、
会場が賑わっているのがとても嬉しかったです。

今回のイベントは産まれたばかりの子供を抱えての私たちだけ
ではできませんでした。全く何もない空間をお店のような雰囲
気にするのは思った以上に大変な事で、小さな街さんのサポート
がとても心強かったです。

売場を作るのに一生懸命になっていた私たちですが、壁面の装飾や
入口の看板、そしてお客様やスタッフの導線など細かなところに
アドバイスを頂きました。そのほか当日も、接客などに気を配って
いただきあのような空間を作る事ができました。また、チラシの
配布もご協力いただき沢山のお客様に来てもらう事ができました。

お店をやる上でのとてもいい練習となり、今回街中でやる事で少し
自信がついた気がします。お店のオープンを楽しみにしてくれる
お客様も沢山いて、実際にオープンしたらもっと楽しいだろうと
想像しました。開店に向けていい一歩が踏み出せたと思います。

私たちにとって貴重な経験となり本当に感謝の気持ちでいっぱい
です。ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お褒めの言葉も頂きまして、本当に恐縮です。お互いに良い刺激
を受け合いつつ、楽しんで出来た催しでしたね。僕らもとても
楽しく有意義な2日間でした。何より、アイデアから形になる
までのスピード(行動力)がとても早くて驚きました。すごく
心強かったです。こういった機会を頂きまして本当にありがとう
ございました!

また、何か機会がありましたら是非一緒にやりましょう!まずは、
来年りんご狩りしに遊びにいきますね(笑)



展示がしたい!マーケットがしたい!という方がおられましたら
一度ご連絡ください。全力でサポートさせて頂きます。
chii-sana-machi@mail.goo.ne.jp
2009年12月08日 (火) 23:42 |


先週の土日、上杉農園さんの展示「旅の途中」が無事に終了致しました。
寒空にも関わらず、多くのお客様に足を運んでいただきまして本当に
ありがとうございました!オリジナルスイーツの「りんごの旅」も沢山の
方に食べていただくことができました。企画スイーツの制作に快くご協力
頂きました、和-nagomi-cafe DAYSさん、本当にありがとうございました!



夢の一歩としてオープンした「cafe alleluia」。将来のお店の名前です。
りんごにパプリカ、ヤーコン等の農産物だけではなく、ジャムにジュース
にお米や納豆、乾燥大豆や焼き肉のタレ等の加工品も並び、とても活き
活きとしたディスプレイでした。特に野菜スープとフォカッチャがとても
美味しかった!心も体も温まりました。



この建築模型が後に出来上がるだろうお店の模型です。「成長していく
建築」。慶応大の学生さんから説明を受け、設計や施工への興味も深まり、
さらに今後の展開がとても楽しみになりました。

小さな街の販売は以下の感じになりました!



「雑貨・手紙用品店 yutorico.」さん+anzu to sumomoさん+najikoさん




書本&cafe magellanさん




iivorytimeさん




anbienさん




皆さまのご意見が貼られたりんごの木には、見事なまでに豊作となり
ました。何だか僕まで嬉しくなっちゃいました。上杉農園さんの夢に
少しでも関わる事が出来て嬉しいです。お疲れさまでした!